サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    ネイティブSDKを含む中国の配信

    このトピックでは、Brightcove Native SDKを使用して、国外から中国にビデオを配信する方法を学習します。

    はじめに

    Brightcoveは、国外から中国にビデオを配信するためのソリューションを提供します。このソリューションは、次の2つの部分で構成されています。

    • 中国内でホストされているプロキシサーバー
    • 接続された中国固有のCDN

    プロキシは、ビデオ以外のトラフィック(Playback APIリクエスト、Analyticsビーコン、およびWebプレーヤー自体)を中国の視聴者との間で、外部にあるBrightcoveインフラストラクチャにルーティングします。

    CDNはプロキシに接続され、ビデオと画像のコンテンツを処理します。

    要件

    Brightcove Native SDKを使用したChina Deliveryには、次の要件が必要です。

    セットアップ

    • プレーヤーの構成に加えて、セットアップ要件があります

      詳細については、を参照してください。概要:中国への配達

    デバイスOSのバージョン

    • Android6.0以降

    • iOS11.0以降

    BrightcoveSDKバージョン

    • Android用ネイティブSDK(近日公開)
    • iOS6.5.0以降のネイティブSDK

    Androidの実装

    ChinaDeliveryをサポートするAndroid用ネイティブSDKは、2021年の第3四半期の初めにプレリリースで利用できるようになります。

    iOSの実装

    iOS用ネイティブSDKでChinaDeliveryを使用するには、次の手順に従います

    1. NS BCOVGlobalConfigurationクラスを使用すると、iOS用のネイティブSDKのカスタム構成を設定できます。

    2. このクラス内で、 chinaProxyDomain再生API、メトリクス、分析収集サービスのカスタムの完全修飾ドメイン名(FQDN)へのプロパティ。

      @property (nonatomic, nullable) NSString *chinaProxyDomain

    制約事項

    この機能の制限の詳細については、を参照してください。概要:チャイナデリバリー資料。


    ページの最終更新日03 Oct 2021