サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    Android用ネイティブSDKを使用した方向変更の処理

    このトピックでは、を防ぐ方法を学びますBrightcoveVideoView向きを変えて現在再生中のビデオを再起動することから。

    デフォルトの動作

    デフォルトでは、方向の変更が発生すると、Activityカレントは破棄され、再作成されます。Brightcoveの動画を取得して再生すると、カタログリクエストが再度実行され、BrightcoveVideoViewが再作成されます。これには時間と帯域幅の両方が必要です。

    AndroidManifest.xml にコードを追加すると、この望ましくない既定の動作を防ぐことができます。

    ベストプラクティス

    デバイス構成の変更として向きの変更を処理する方が効率的です。これにより、Activityインスタンス化されたが保持され、レイアウトだけが無効になります。これを行うには、 AndroidManifest.xml を変更できます。

    デバイスのローテーションを構成変更するには、次のコードをに追加します。<activity>のタグAndroidManifest.xml

    android:configChanges="orientation|screenSize"

    ページの最終更新日21 May 2021