サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    BrightcoveのIMAプラグイン6.15.0へ説明

    このトピックでは、Android6.15.0のネイティブSDK用にBrightcoveのIMAプラグインを使用するようにアプリを移行する方法を学習します。

    概要

    Android 6.15.0 以降のBrightcoveネイティブ SDK では、Google IMA SDK バージョン 3.19.4 がサポートされています。IMA広告を使用している場合は、このバージョンのIMAプラグインを使用するために注意すべきことがいくつかあります。それらには次のものが含まれます。

    グーグルIMA SDKの変更点

    Brightcoveのネイティブ SDK は Google IMA SDK をバージョン 3.11.2 からバージョン 3.19.4 に更新しました。最も関連性の高い変更は次のとおりです。

    • SdkFactory.createAdDisplayContainer()非推奨です
    • AdDisplayContainer.setPlayer(VideoAdPlayer)非推奨です
    • AdDisplayContainer.setAdContainer(ViewGroup)非推奨です
    • AdsRequest.setAdDisplayContainer(AdDisplayContainer)削除されました

    フルリリースについては、 Google IMA Android SDKのリリース履歴ドキュメントを参照してください

    Brightcove IMA プラグインの変更点

    Brightcove IMA プラグインは、新しい Google IMA SDK バージョンと完全に互換性を持たせるために、いくつかの変更を加えました。それらには次のものが含まれます。

    GoogleimaCOMPONent ビルダーの使用

    GoogleIMAComponentビルダーを使用してインスタンスを作成することをお勧めします。これにより、の設定が簡単になりますGoogleIMAComponent

    googleIMAComponent = new GoogleIMAComponent.Builder(brightcoveVideoView, eventEmitter)
      .setUseAdRules(true)
      .setImaSdkSettings(customIMASDKSettings)
      .setAdsRenderingSettings(customAdsRenderingSettings)
      .setAdDisplayContainerFactory(customAdDisplayContainerFactory)
      .build();
    }

    adDisplayContainer の作成

    Google IMA SDK が削除されたためAdsRequest.setAdDisplayContainer(...)、Brightcove IMA GoogleIMAVideoAdPlayerプラグインはとを使用して、これを自動的に作成するようになりましたBaseVideoView

    AdDisplayContainerFactoryプラグインを作成するには、が必要ですAdDisplayContainer

    public interface AdDisplayContainerFactory {
      /**
      * Creates the AdDisplayContainer with the provided GoogleIMAVideoAdPlayer
      * and the ViewGroup retrieved with getViewContainer()
      *
      * @param googleIMAVideoAdPlayer the Brightcove Ad Player for Google IMA
      */
      AdDisplayContainer createAdDisplayContainer(GoogleIMAVideoAdPlayer googleIMAVideoAdPlayer);
    
      /**
      * Returns the ViewGroup container used for both,
      * the creation of the GoogleIMAVideoAdPlayer and the AdDisplayContainer
      */
      ViewGroup getViewContainer();
    }
    

    ボンネットの下では、プラグインはDefaultAdDisplayContainerFactoryAdDisplayContainerFactory、を使用してを作成しますAdDisplayContainer。は、getViewContainer()BaseVideoViewコンストラクタで渡されたを返し、createAdDisplayContainerメソッドは以下を返します。

    ImaSdkFactory.createAdDisplayContainer(getViewContainer(), googleIMAVideoAdPlayer);

    addisplayContainerFactory

    別の実装が必要な場合は、AdDisplayContainerFactory独自の実装をGoogleIMAComponent Builder に渡す必要があります。

    googleIMAComponent = new GoogleIMAComponent.Builder(brightcoveVideoView, eventEmitter)
      .setAdDisplayContainerFactory(customAdDisplayContainerFactory)
      .build();
    

    以外の別のビューで広告を再生する場合はBaseVideoViewDefaultAdDisplayContainerFactoryをに提供できますViewGroup

    googleIMAComponent = new GoogleIMAComponent.Builder(brightcoveVideoView, eventEmitter)
      .setAdDisplayContainerFactory(new DefaultAdDisplayContainerFactory(myViewGroup))
      .build();
    

    GoogleImaVideoadPlayer で廃止されたメソッド

    GoogleIMAVideoAdPlayerクラスでは、次のメソッドは非推奨です。

    非推奨のメソッド 代わりに使って
    playAd() playAd(AdMediaInfo)
    loadAd(String) loadAd(AdMediaInfo, AdPodInfo)
    stopAd() stopAd(AdMediaInfo)
    resumeAd() playAd(AdMediaInfo)
    pauseAd() pauseAd(AdMediaInfo)

    置換方法では、必要なことに注意してくださいAdMediaInfo。を呼び出して、AdMediaInfo現在のオブジェクトを取得できますGoogleIMAVideoAdPlayer.getCurrentAdMediaInfo()。これは、ロードされたAdMediaInfo、またはを返しますNull

    IMA プラグインへの移行 6.15.0

    Brightcove IMA プラグイン 6.15.0 に移行するには、次の手順に従います。

    依存バージョンを更新する

    アプリを更新して、次の依存関係バージョンを使用します。

    • Brightcove SDK の依存関係はすべてバージョン 6.15.0 に設定されています
    • グーグルIMA SDKバージョン3.19.4を使用してください
    • グーグルプレイサービスバージョン19.2.0を使用する

    build.gradleファイルの例は次のとおりです

    //build.gradle
    dependencies {
     //Brightcove SDK dependencies
     implementation "com.brightcove.player:android-sdk6.15.0:"
     implementation "com.brightcove.player:exoplayer2:6.15.0"
     implementation "com.brightcove.player:android-ima-plugin:6.15.0"
    
     //Google IMA SDK
     implementation "com.google.ads.interactivemedia.v3:interactivemedia:3.19.4"
    
     //Google Play Services
     implementation "com.google.android.gms:play-services-ads:19.2.0"
     ...
    }
    

    廃止されたメソッドを削除する

    現在の Google IMA の設定は次のようになります。

    AdDisplayContainer container = sdkFactory.createAdDisplayContainer();
    container.setPlayer(googleIMAComponent.getVideoAdPlayer());
    container.setAdContainer(brightcoveVideoView);
    

    これら 3 つのメソッドは非推奨であり、消えます。

    googleIMAComponent.getAdDisplayContainer()ここで呼び出すと、AdDisplayContainer関連付けられたGoogleIMAVideoAdPlayer、または使用できない場合は null。

    の作成の詳細についてはAdDisplayContainer、「 adDisplayContainer の作成」セクションを参照してください。

    次のメソッドも Google IMA SDK から削除されました。

    adsRequest.setAdDisplayContainer(container);
    

    代わりに、AdDisplayContainerを使用して Google IMA のインスタンスを作成しますAdsLoader

    廃止されたメソッドとその置換の詳細については、 GoogleImaVideoAdPlayer セクションの「非推奨のメソッド」を参照してください。

    詳細情報

    IMA の変更の詳細については、 Google IMA Android SDK のリリース履歴のドキュメントを参照してください

    関連する質問については、Brightcove SDK フォーラムを通じて、Brightcove SDK チームにお問い合わせください。


    ページの最終更新日21 May 2021