サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    Android:プレーヤーコントロールの管理

    このトピックでは、Brightcove Player SDK forAndroidを使用するときにBrightcovePlayerコントロールを操作する方法を学習します。

    概要

    ネイティブプレーヤー SDK は、Brightcove Web Player に似たプレーヤーコントロールを提供し、プラットフォーム間で一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。初期設定の Brightcove プレーヤーコントロールを使用することも、独自の色、スタイル、ボタンを使用してカスタマイズすることもできます。

    デフォルトのプレーヤーコントロール

    Brightcove Player SDK for Androidを使用してアプリを作成する場合は、次のいずれかから開始する必要があります。BrightcovePlayerまたはBrightcovePlayerFragmentクラス。

    Brightcoveプレーヤーを拡張する

    アプリコードで、MainActivity上記のいずれかのクラスからクラスを拡張します。例は次のとおりです。

    public class MainActivity extends BrightcovePlayer {
    }

    これで、コードでビデオビューをインスタンス化する準備ができました。

    BrightCoveVideoView をインスタンス化する

    の中にMainActivity.javaファイル、およびonCreate()メソッドには、次のコードを追加します。

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        setContentView(R.layout.activity_main);
        brightcoveVideoView = (BrightcoveExoPlayerVideoView) findViewById(R.id.brightcove_video_view);
        super.onCreate(savedInstanceState);
    }

    プレイヤーのコントロールは次のようになります。

    Basic player controls
    基本的なプレーヤーコントロール

    プレーヤーコントロールをカスタマイズする

    Brightcove プレーヤーコントロールは、キャプション、動画巻き戻し、全画面表示モードをサポートします。コントロールの表示と非表示を切り替えるアニメーションスタイルを選択することもできます。

    コントロールカラーを変更する

    簡単にカスタマイズでき、会社のブランディング素材に合わせて、Brightcoveのプレーヤーコントロールカラーを変更できます。

    1. 上記と同じコードを MainActivity.java ファイルで使用してください。
    2. src/main/res/values/colors.xml または res/values/strings.xml ファイルに、次のコードを含めます。
      <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
      <resources>
      
          <!-- Define the new colors. -->
          <color name="bc_orange">#F3951D</color>
          <color name="magenta_semi_trans">#4DFF00FF</color>
      
          <!-- Change the progress colors to magenta/black/orange, all transparent. -->
          <color name="bmc_seekbar_played">@color/magenta_semi_trans</color>
          <color name="bmc_seekbar_buffered">@color/black_semi_trans</color>
          <color name="bmc_seekbar_track">@color/bc_orange</color>
      
      </resources>

      プレイヤーのコントロールは次のようになります。

      Change control colors
      コントロールカラーを変更する

    プレーヤーコントロールのアイコンとボタンを変更する

    Brightcoveのプレーヤーコントロールをさらにカスタマイズするには、アイコンを交換し、会社のスタイルに合わせて独自のボタンを追加します。

    1. 上記と同じコードを MainActivity.java ファイルで使用してください。
    2. src/main/res/values/strings.xml ファイルに、次のコードを含めます。
      <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
      <resources>
          <!-- Use the Font Awesome fa-stepbackward icon for the rewind
               button face. -->
          <string name="brightcove_controls_rewind">&#xf048;</string>
      </resources>

      プレイヤーのコントロールは次のようになります。

      Add backstep button
      [バックステップを追加] ボタン

    完全なコード例については、「 Android サンプル用 Brightcove プレーヤーコントロール」を参照してください。

    プレイヤーコントロールの表示/非表示

    ビデオ再生中にプレーヤーコントロールの表示と非表示を切り替えるには、次の 3 つの方法があります。

    1. ユーザーは、デバイス画面をタップして、プレーヤーコントロールの表示と非表示を切り替えることができます。

    2. BrightcoveMediaControllerクラスを使用できます。定義済みの再生ヘッド位置範囲のプレーヤーコントロールを表示する方法の例を次に示します。

      brightcoveVideoView.getEventEmitter().on(EventType.PROGRESS, new EventListener() {
          @Override
          public void processEvent(Event event) {
              int playheadPosition = brightcoveVideoView.getCurrentPosition();
              if(playheadPosition > 24000 && playheadPosition < 29000) {
                  BrightcoveMediaController controller = brightcoveVideoView.getBrightcoveMediaController();
                  controller.show();
              }
          }
      });

    3. イベントは次のように使用できます。

      import static com.brightcove.player.mediacontroller.ShowHideController.SHOW_MEDIA_CONTROLS;
      import static com.brightcove.player.mediacontroller.ShowHideController.HIDE_MEDIA_CONTROLS;
      ...
      eventEmitter.emit(HIDE_MEDIA_CONTROLS);
      eventEmitter.emit(SHOW_MEDIA_CONTROLS);

    プレーヤーコントロールを無効にする

    アプリのレイアウトと機能を設計する際に、プレーヤーコントロールをオフにする必要があります。これは、次のようにを null MediaControllerに設定することで実行できます。

    @
    Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container, Bundle savedInstanceState) {
       View rootView = inflater.inflate(R.layout.fragment_player, container, false);
       brightcoveVideoView = (BrightcoveExoPlayerVideoView) rootView.findViewById(R.id.brightcove_video_view);
       super.onCreateView(inflater, container, savedInstanceState); // Need to be called after brightcoveVideoView is set.
       brightcoveVideoView.setMediaController((MediaController) null); // Need to be called after onCreateView.
       return rootView;
    }

    この例では、BrightcovePlayerFragment .

    フルスクリーンモードを手動で制御する

    通常、ユーザーはコントロールバーのフルスクリーンボタンをタップして全画面表示を制御します。この機能をコード内で手動で制御したい場合があります。

    フルスクリーンモードを設定するには、次のコードを使用します。

    brightcoveVideoView.getEventEmitter().emit(EventType.ENTER_FULL_SCREEN);

    フルスクリーンモードを終了するには、次のコードを使用します。

    brightcoveVideoView.getEventEmitter().emit(EventType.EXIT_FULL_SCREEN);

    イベントタイプの完全なリストについては、 Android 用 Player SDK リファレンスを参照し EventType クラスドキュメントに移動します。

    または、fullScreen()そしてnormalScreen()メソッド。これらのメソッドは、 Android 用 Player SDK リファレンス、および BrightCovePlayer クラスのドキュメントに移動して見つけることができます。

    SDK プロパティ値を参照

    配列、色、次元、ID、整数、文字列、スタイルなど、値の完全なリストを表示するには、次の手順を実行します。

    1. Androidネイティブプレーヤー-パブリックx.x.x.zipファイルを探し、それを解凍します。
    2. SDKフォルダでAndroid-sdk-x.x.x.aarファイルを開きます

    3. res/values/values.xml ファイルを開きます。ここでは、アプリケーションで参照できる値のリストがあります。

    ページの最終更新日21 May 2021