サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    PlayerSDKのBrightcoveAnalyticsの表示

    このトピックでは、Brightcove Native PlayerSDKを使用するアプリのBrightcoveAnalyticsを表示する方法を学習します。

    概要

    Video Cloud Analytics モジュールでは、アカウントレベルまたは詳細レベル(動画別など)で指標データを表示できます。Video Cloud Analytics でのパフォーマンスレポートの表示について詳しくは、パフォーマンスレポートリファレンスのドキュメントを参照してください

    ここでは、データを表示するためのいくつかのオプションを示します。

    また、 Video Cloud Analytics へのデータの送信についても学習できます

    accountId

    アプリで設定したソース値を表示します。

    accountId-ビデオレベル

    AccountId を設定したビデオ分析を表示します。

    1. Analytics モジュールで、左側のメニューで [ パフォーマンス ] を選択し、表示されるコンテキストメニューから [ ビデオ ] を選択します。

    2. [ その他/サードパーティ ] リスト項目には、accountId プロパティを設定したすべてのビデオのパフォーマンスのロールアップが表示されます。Brightcove Catalog サービスを通じて取得されない動画については、現在 Brightcove Analytics では詳細レポートをサポートしていないため、これらの動画は個別にリストされません。

      Other/Third Party Videos
      その他/第三者の動画

    destination

    アプリで設定した目的の値を表示します。

    宛先-アカウントレベル

    アカウントレベルで設定した宛先値を表示します。

    1. Analytics モジュールで、左側のメニューで [ パフォーマンス ] を選択し、表示されるコンテキストメニューから [ ドメインを表示 ] を選択します。

    2. このアカウントパフォーマンスレポートには、アプリコードで指定した値を含む、送信先の値が表示されます。

      Display Domains Report
      ドメインレポートを表示
    3. 詳細を表示するには、宛先ドメインを選択します。

    宛先-ビデオレベル

    ビデオレベルで設定した目的の値を表示します。

    1. Analytics モジュールで、左側のメニューで [ パフォーマンス ] を選択し、表示されるコンテキストメニューから [ ビデオ ] を選択します。

    2. 表示するビデオを選択します。

    3. [ パフォーマンスの基準 ] ドロップダウンメニューを展開し、[ ドメインを表示 ] オプションを選択します。

    4. この動画パフォーマンスレポートには、アプリコードで指定した値を含む、送信先の値が表示されます。

      Video Domains Report
      動画ドメインレポート

    プレーヤ

    アプリで使用されているアカウントレベルでプレイヤーを表示します。

    プレイヤー-アカウントレベル

    アプリ内のプレーヤーのプレーヤー分析を表示します。

    1. Analytics モジュールで、左側のメニューで [ パフォーマンス ] を選択し、表示されるコンテキストメニューから [ プレーヤー ] を選択します。

      Other/Third Party Videos
      その他/第三者の動画

    出典

    アプリで設定したソース値を表示します。

    ソース-アカウントレベル

    勘定科目レベルで設定したソース値を表示します。

    1. Analytics モジュールで、左側のメニューで [ パフォーマンス ] を選択し、表示されるコンテキストメニューから [ トラフィックのソース ] を選択します。

    2. [ 概要 ] リストで、[ 紹介 ] リンクを選択して、ソースごとの詳細レポートを表示します。

    3. このアカウントパフォーマンスレポートには、アプリコードで指定したソース値が含まれます。

      Source Details
      ソースの詳細

    ソース-ビデオレベル

    ビデオレベルで設定したソース値を表示します。

    1. Analytics モジュールで、左側のメニューで [ パフォーマンス ] を選択し、表示されるコンテキストメニューから [ ビデオ ] を選択します。

    2. 表示するビデオを選択します。

    3. [ パフォーマンス別 ] ドロップダウンメニューを展開し、[ トラフィックのソース ] オプションを選択します。

    4. このリストには、アプリコードで指定したソース値を含む、ソースのパフォーマンスが示されます。Analytics モジュールでは、 Direct などの各リスト項目へのドリルはサポートされていません。

      Video Source Report
      ビデオソースレポート

    ビデオクラウドにデータを送信する

    アプリから Video Cloud Analytics にデータを送信する方法の詳細については、以下をご覧ください。

    SDK に含まれている Brightcove プレーヤーとカタログを使用して動画を取得および再生すると、分析データが自動的に収集され、Video Cloud Analytics モジュールに表示されます。


    ページの最終更新日21 May 2021