サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    ネイティブSDKを含むライブストリーム

    このトピックでは、Brightcove NativeSDKを使用したライブストリームについて学習します。

    はじめに

    Brightcove Native Player SDKのライブストリーミングでは、あらゆるソースからの高品質のライブ放送をお使いのアプリケーションに迅速かつ簡単に統合できます。

    ネイティブ SDK は、ライブストリーミングと DVR ライブストリーミングの両方をサポートします。ライブストリーミングでは、ネイティブ SDK は時限メタデータ/ ID3 タグをサポートします。

    ライブストリームを作成する 1 つの方法は、Brightcoveライブを使用することです

    ライブストリームを配信するためのオプションの一覧については、「ライブストリーム配信」ドキュメントを参照してください。

    DVR Live
    DVRライブ

    Brightcove Live

    Brightcoveライブは、ライブ配信を作成する最も簡単な方法です。これにより、スケーラブルで費用対効果の高い高解像度 (HD) アダプティブビットレートのライブビデオストリームを配信し、収益化することができます。

    Android、iOS、tvOS 向けのネイティブプレーヤー SDK を使用して、Brightcoveのライブストリームをセットアップし、モバイルデバイスと接続したテレビでシームレスに再生できます。Brightcoveライブの詳細を以下でご覧ください。

    サポートされる機能

    ライブエクスペリエンスは、ネイティブ SDK でサポートされている次の機能によって強化されます。

    すぐに使えるクラウドDVRコントロール

    DVRライブは視聴者による各自の視聴エクスペリエンスのコントロールを可能にすることによって、ライブストリーミングの従来のアプローチを超えるものとなっています。視聴者が再生を完全にコントロールできるDVR Liveでは、視聴者はVODスタイルの設定で過去の瞬間を探すことができます。そしてボタンをクリックするだけで、視聴者はシームレスにライブアクションに戻り、リアルタイムの視聴を続けることができます。

    Brightcoveライブのサーバー側広告挿入 (SSAI)

    サーバーサイド広告挿入(SSAI)を使用すると、広告ブロッカーをバイパスして、サーバー側のライブストリームに広告をステッチできます。ライブストリームで SSAI を設定する方法の詳細については、Brightcove Live API を参照してください。サーバー側の広告挿入ドキュメント


    ページの最終更新日21 May 2021