サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    ネイティブSDKfor Androidを使用したイベントの理解

    このトピックでは、Native SDK forAndroidによってトリガーおよびリッスンされる最も一般的なイベントについて学習します。

    はじめに

    Android 用 Native SDK では、イベント駆動型モデルが使用され、ビデオプレーヤーでユーザーのアクションをリッスンします。

    イベント駆動モデル

    従来のプログラミングモデルでは、フローは静的であり、プログラマによって事前に定義されています。イベント駆動型モデルでは、あらかじめ設定されたフローはありません。代わりに、フローはユーザーアクションなどのイベントによって決定されます。通常、イベントをリッスンし、コールバック関数をトリガーするメインループがあります。

    event-driven flow diagram
    イベント駆動の流れ

    イベント

    Android 用 Brightcove Player SDK を使用している間、事前定義されたイベントを利用して、アプリの機能を制御できます。イベントは単なる文字列リテラルなので、独自のイベントを簡単に作成して使用することができます。

    Android 用 Brightcove Player SDK のイベントは、リスナーのチェーンを通じて渡すことができる状態またはアクションを表します。すべてのイベントには、タイプとプロパティマップが関連付けられています。イベントのリスナーチェーンへの伝播を停止したり、ビデオ再生クラスでデフォルトのリスナーを防ぐように指示したりできます。

    イベントは、状態または発生するアクションを表すことができます。たとえば、DID_SEEK_TO イベントタイプはアクションの状態を表しますSEEK_TO

    事前定義されたイベントの完全なリストを表示するには、次の画像を選択します。

    Android event types
    Androidのイベントタイプ

    eventEmitter

    Brightcove BaseVideoView は、Android のネイティブ VideoView のドロップイン代替として設計されています。このクラスは、すべての SDK コンポーネントを結び付ける eventEmitter も起動します。ユーザがビデオビューを操作すると、は、再生、EventEmitter 一時停止などのイベントを放出します。各イベントに興味のあるコンポーネントは、それらに耳を傾け、それに基づいて行動することができます。

    SDKが特定のことをしたいときに、イベントをリッスンして放出するプラグインを追加できます。

    Native SDK には、アプリを制御するための事前定義されたイベントが用意されていますが、独自のイベントを簡単に作成して使用することができます。

    独自のイベントエミッタを作成し、 BrightCoveExoPlayerVideoView にそれを使用するように指示することもできます。これは、リスナーのチェーンを制御する場合に便利です。

    コンポーネントとイベント

    Android 版 Brightcove SDK の各コンポーネントについて、それに関連付けられているすべてのイベントを検索できます。これを行うには、次の手順を実行します。

    1. Android 用 Brightcove Player SDK のリファレンスに移動します。
    2. 左側のメニューで、コンポーネントを選択します。
    3. コンポーネントクラスの詳細セクションでは、このコンポーネントによって放出され、リッスンされるイベントのリストがあります。
      components and events
      コンポーネントとイベント

    一般的な再生イベント

    以下の図は、一般的な再生イベントの一部と、それらが Android 用 Brightcove Player SDK のコンポーネントとどのように相互作用するかを示しています。

    add () /set () メソッドイベント

    次の図は、add(Video) 、、addAll(Collection) setVideoPath() 、およびに関連するイベントを示しています。setVideoURI() メソッド。

    add()/set() method events
    add () /set () メソッドイベント

    start () メソッドイベント

    この図は、start() メソッドに関連するイベントを示しています。

    start() method events
    start () メソッドイベント

    seekto () メソッドイベント

    この図は、seekTo() メソッドに関連するイベントを示しています。

    seekTo() method events
    seekto () メソッドイベント

    pause () メソッドイベント

    この図は、pause() メソッドに関連するイベントを示しています。

    pause() method events
    pause () メソッドイベント

    stopPlayback () メソッドイベント

    この図は、stopPlayback() メソッドに関連するイベントを示しています。

    stopPlayback() method events
    stopPlayback () メソッドイベント

    一般的な広告イベント

    アプリでは、Android 版 Brightcove Player SDK から一連の広告イベントを聞いて行動することができます。

    IMA広告イベント

    この図は、Google IMA広告プラグインの広告イベントを示しています。次の広告イベントは、Explayer サンプル内で再生されます。adruleSimasampleApp .

    IMA ad events
    IMA広告イベント

    一般的な広告イベント

    以下に、Android 版 Brightcove Player SDK から配信される一般的な広告イベントの一覧を示します。これらのイベントで聴いて行動することができます。

    コード例

    広告ブレークが開始されると、EventType.AD_BREAK_STARTEDイベントが発生します。広告ブレークが終了すると、EventType.AD_BREAK_COMPLETEDが放出されます。

    次のように、イベントをリッスンして反応することができます。

    eventEmitter.on(EventType.AD_BREAK_STARTED, new EventListener() {
    	@Override
    	public void processEvent(Event event) {
    		// React to the event
    	}
    });
    
    eventEmitter.on(EventType.AD_BREAK_COMPLETED, new EventListener() {
    	@Override
    	public void processEvent(Event event) {
    		// React to the event
    	}
    });

    イベントを放出するには、次の操作を実行します。

    eventEmitter.emit(EventType.STOP);
     

    これで、Android 版 Brightcove Player SDK の基本的な理解を得ました。次に、Player SDK を使用するアプリを構築する手順を説明します。


    ページの最終更新日21 May 2021