サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    Brightcove Native SDK forAndroidリリースノート

    このトピックでは、Brightcove Native SDK forAndroidの変更と機能強化に関する最新情報をご覧いただけます。

    メーリングリストに参加して、ネイティブ SDK のリリースアナウンスを受け取るには、こちらからサインアップしてください

    現在のリリース

    バージョン6.16.3

    2021年7月1日

    SDK の変更:

    • でラベルプロパティを設定するためのサポートが追加されましたBrightcoveCaptionFormat選択したキャプションとオーディオトラック情報のキャストレシーバーへの送信をサポートするクラス
    • を更新しましたVideoUtils Videoオブジェクトからサイドカーキャプションソースを削除するユーティリティメソッドを追加するクラス
    • video_durationレポート用のBrightcoveのAnalyticsバックエンドへのリクエストにURLパラメーターが含まれていませんでした

    プラグインの変更をキャスト:

    • CastレシーバーアプリのカスタムプレーヤーへのURLを設定するためのサポートが追加されました。詳細については、AndroidSDKサポートドキュメントを参照してください
    • 選択したキャプションとオーディオトラック情報をCastレシーバーに送信するためのサポートが追加されました

    オフライン再生の変更:

    • でプロパティを設定するためのサポートが追加されましたAbstractOfflineCatalogクラス。オフラインカタログのプロパティは、次の2つの方法で設定できます。

      • としてMap <String、String>キー/値ペアのsetProperties(Map <String、String>)方法
      • を通ってgetProperties()。put(key、value)方法
    • カスタム作成のサポートが追加されましたNotificationChannelsの中にダウンロードマネジャークラス。詳細については、AndroidSDKサポートドキュメントを参照してください

    以前のリリース

    バージョン6.16.2

    2021年5月10日

    SDK の変更:

    • テキストが種類で追跡される問題を修正しました字幕解析または表示されていませんでした
    • を含むテキストトラックが発生する問題を修正しましたポジション追加の属性行左また行右属性が解析または表示されていませんでした

    ExoPlayer 2の変更:

    • 現在選択されているオーディオ言語を取得するために誤ったインデックスが使用される可能性がある問題を修正しました

    Omnitureプラグインの変更:

    • プレイヤーが破壊された後もハートビートが続く問題を修正しました

    SSAI プラグインの変更:

    • ネストされたVASTおよびVMAP拡張要素の解析サポートが追加されました

    • VASTの解析サポートが追加されましたAdVerification要素

    バージョン6.16.1

    2021年1月12日

    SDK の変更:

    • SSAIVODビデオのビデオエンゲージメントレポートが改善されました。
    • NS DashWidevineAuthorizerクラスは非推奨です。を使用してくださいWidevineAuthorizer代わりにクラス。

    IMA プラグインの変更:

    • Google IMASDKがバージョン3.21.1に更新されました。
    • スキップ可能な広告のサポートが改善され、スキップ可能な広告がきれいに終了せず、コンテンツの再生を再開した後に広告の音声が聞こえる可能性がある問題が修正されました。
    • ユーザー指定のmimeタイプがプラグインのビルダーによって設定されていなかった、広告のmimeタイプの設定に関する問題を修正しました。
    • 以下のプラグインビルダーの便利なメソッドを追加しました。
      • でアドマイムタイプを設定するAdsRenderingSettingsオブジェクト-参照Builder.setMimeTypes(リスト) : 空所
      • で広告動画の読み込みタイムアウトを設定するAdsRenderingSettingsオブジェクト-参照Builder.setLoadVideoTimeout(int):void
      • でデバッグモードを設定するImaSdkSettingsオブジェクト-参照Builder.setDebugMode(boolean):void
    • 注:

      これらの便利なメソッドは、 AdsRenderingSettingsImaSdkSettings Google IMASDKオブジェクト。Builderから直接呼び出されると、これらのメソッドはAdsRenderingSettingsImaSdkSettings Builderでデフォルトで作成されるオブジェクト。

      カスタムを作成することにした場合AdsRenderingSettingsImaSdkSettings IMAプラグインで使用するGoogleIMA SDKオブジェクト、これらのオブジェクトを呼び出すことができます' 直接メソッド:

      • AdsRenderingSettings.setMimeTypes(リスト) : 空所
      • AdsRenderingSettings.setLoadVideoTimeout(int):void
      • ImaSdkSettings.setDebugMode(boolean):void

    SSAI プラグインの変更:

    • リモートビデオオブジェクトとして作成されるライブSSAIストリームのサポートが追加されました。

    バージョン 6.16.0

    2020年10月14日

    プラグインの変更をキャスト:

    • キャストプラグインが再設計され、Brightcoveキャストレシーバー v2.0 がサポートされるようになりました。
    • 詳細とコードサンプルについては、Brightcove Android ネイティブ SDK のドキュメント、および Brightcove Android ネイティブ SDK サンプルアプリケーションを参照してください。

    バージョン 6.15.1

    2020年9月22日

    SDK の変更:

    • Android 版 Brightcove ネイティブ SDK では、プレーヤーコントロールと UI ラベルでアラビア語 (RTL) 言語がサポートされるようになりました。

    • 注:アラビア語 (RTL) テキストはサポートされていますが、現在サポートされているのは、左から右 (LTR) プレーヤーコントロールレイアウトのみです。

    • video_view特定のおよびvideo_engagement Analytics イベントパラメーターで、次のパラメーターに西欧以外のアラビア数字が含まれる場合がある問題を修正しました。

      • video_view:
        • start_time_ms
        • load_time_ms
      • video_engagement:
        • range
        • video_seconds_viewed

    プラグインの変更をキャスト:

    • キャストプラグインは、キャストコントロールと UI ラベルでアラビア語 (RTL) テキストをサポートするようになりました。
    • アラビア語のサポートは、キャスト拡張コントローラーのディスプレイ (ビデオの経過時間と時間) には適用されないことに注意してください。

    • これらのコンポーネントの表示は、Google キャスト API によって制御されます。

    オフライン再生プラグインの変更:

    • オフライン再生プラグインは、UI ラベルのアラビア語 (RTL) テキストをサポートするようになりました。

    Pulse プラグインの変更:

    • Pulse プラグインは、広告コントロールと UI ラベルでアラビア語 (RTL) テキストをサポートするようになりました。

    SSAI プラグインの変更:

    • SSAI プラグインは、広告コントロールと UI ラベルでアラビア語 (RTL) テキストをサポートするようになりました。

    バージョン 6.15.0

    2020年8月25日

    SDK の変更:

    • キャプション URI の追加ヌルチェックを実装しました

    ExoPlayer の変更点:

    • 指定されたビットレートが無視され、ExoPlayerVideoDisplayComponent setPeakBitrate()代わりに最も高いビットレートが選択されるメソッドのリグレッションを修正しました。

    IMA プラグインの変更:

    • Google IMA SDK はバージョン 3.19.4 に更新されました。次のような変更点があります。

      • SdkFactory.createAdDisplayContainer()非推奨です
      • AdDisplayContainer.setPlayer(VideoAdPlayer)非推奨です
      • AdDisplayContainer.setAdContainer(ViewGroup)非推奨です
      • AdsRequest.setAdDisplayContainer(AdDisplayContainer)削除されました

        変更の完全なリストについては、Google IMA Android SDKのリリース履歴を参照してください。

    • GoogleIMAComponentでは、その構築にビルダーが使用されます。
    • IMAプラグインは自動的にAdDisplayContainerを使用してBrightcoveVideoViewデフォルトでは。

      AdDisplayContainerFactory独自のを提供するために、GoogleIMAComponent.Builderにを指定することもできますAdDisplayContainer

    • GoogleIMAVideoAdPlayerクラスでは、次のメソッドが廃止されました。
      • playAd(). Use playAd(AdMediaInfo)代わりに
      • loadAd(String). Use loadAd(AdMediaInfo, AdPodInfo)代わりに
      • stopAd(). Use stopAd(AdMediaInfo)代わりに
      • resumeAd(). Use playAd(AdMediaInfo)代わりに
      • pauseAd(). Use pauseAd(AdMediaInfo)代わりに

    • IMAプラグインがを放出していなかった問題を修正しましたAD_PAUSED/AD_RESUME呼び出し時のイベントGoogleIMAVideoAdPlayer.pauseAdそしてGoogleIMAVideoAdPlayer.resumeAd、それぞれ。

      詳細については、Brightcoveサポートサイトの「Brightcove Android SDK の概要」を参照してください。

    VMAP プラグインの変更:

    • 非推奨の VMAP プラグインが Android 版 Brightcove ネイティブ SDK から削除されました。VMAP 広告配信については、引き続き IMA プラグインをご利用ください。

    OnceUX プラグインの変更:

    • 非推奨の OnceUX プラグインが Android 版 Brightcove ネイティブ SDK から削除されました。代わりにSSAIプラグインを使用してください。

    バージョン 6.14.1

    2020年8月7日

    SSAI プラグインの変更:

    • CustomClick要素が解析に失敗する問題が修正されています。

    • VAST 拡張要素の解析に関する問題が修正されています。

    バージョン 6.14.0

    2020年7月8日

    SDK の変更:

    • Android TalkBack(およびサムスン音声アシスタント)との統合を改善しました。

    • VideoParserこれで、Widevine キーシステムを含まない DRM ソースはすべて無視されます。

    • bandwidth プロパティを含まないサムネイル VTT ソースをが解析できない問題を修正しました。VideoParser

    • Android TV プラットフォームで、サーバーサイド広告挿入広告が中断された後に [プレーヤーオプション] ボタンが表示されない問題を修正しました。

    IMA プラグインの変更:

    • MediaPlayer の代わりに ExoPlayer が広告再生に使用されるようになりました。

    バージョン 6.13.3

    2020年5月21日

    SDK の変更:

    • サイドカークローズドキャプションでのルビテキストのレンダリングが改善されました。マニフェスト中のキャプションの同様の改善が今後予定されています。

    プラグインの変更をキャスト:

    • Chromecastプラグインを使用したときに、アクティビティが期待どおりにリリースされなかった問題を修正しました。

    IMA プラグインの変更:

    • オーディエンスセグメント(広告)ターゲティングのサポートが追加されました。これにより、広告タグの URL の cust_params パラメーターにキーと値のペアが追加されます。

    SSAI プラグインの変更:

    • オーディエンスセグメント(広告)ターゲティングのサポートが追加されました。これにより、キーと値のペアが VMAP ソース URL に追加されます。

    • VAST Tracking 要素内の空または形式が正しくないURLがアプリクラッシュの原因となる問題を修正

    バージョン 6.13.2

    2020年4月24日

    オフライン再生の変更:

    • ファイルダウンローダの依存関係を v1.7.7 にアップグレードしました

      このアップグレードでは、アプリがバックグラウンドにあるときにダウンロードが予期せず一時停止する問題が修正されます。

    サムネイルプラグインの変更:

    • Android TVのスクラバーとサムネイルプレビューの配置に関する問題を修正しました

    バージョン 6.13.1

    2020年4月16日

    SDK の変更:

    • HEVC ビデオのサポートを追加しました。

      HEVC(API レベル 21 以上)をサポートするデバイスでは、HEVC の再生が自動的に利用可能になりました。技術的な詳細については、ドキュメントを参照してください。

    Pulse プラグインの変更:

    • adsDisabled設定時に広告サポートなしでシークを追加VideoPlaybackController

    • Pulse パスバック広告を再生するためのサポートを追加

    • ユーザーが一時停止広告にいついるかを示すメッセージを追加しました

    サムネイルプラグインの変更:

    • タブレットで表示するサムネイル画像のサイズを増やしました

    • Android TVでサムネイルをドラッグする速度が向上

    SSAI プラグインの変更:

    • クローズドキャプションが動画と同期しない場合がある問題を修正しました。

    バージョン 6.12.0

    2020年3月5日

    SDK の変更:

    • 非推奨BrightcoveSurfaceView.isVideo360Supported()。現在サポートされているバージョンに基づいて、常に true を返します。

    Pulse プラグイン:

    • このリリースでは、Android 版 Brightcove ネイティブ SDK は Pulse 広告プラグインを実装しています。

    バージョン 6.11.0

    2020年2月7日

    SDK の変更:

    • Brightcoveの再生権限管理サービスのサポートが追加されました。

    • 変更を破る :Playlist オブジェクトは不変になりました。

    • Playlist オブジェクトには、Status.OKステータスとStatus.ERROR

    • Playlist.getErrorVideos():この新しいメソッドは、ステータスがStatus.ERROR

    • Playlist.getAllVideosAndErrors():この新しいメソッドは、Status.OK Playback Rights Management サービスの応答から返された順序と同じ順序に従ってStatus.ERROR、両方の状態を持つすべてのビデオを返します。

    • 注:Playlist.getVideos()Playlist.getCount()以前のバージョンと同じ動作をします。つまり、ステータスのある動画のみを考慮します。Status.OK

    • 追加しましたErrorListener.onError(List)コールバック。

    • ErrorListener.onError(String)非推奨のコールバック。

    • Video オブジェクトにステータスコードが追加されました。ステータスコードは、Status.OKまたはのいずれかになりますStatus.ERROR。ステータスを取得するには、を使用しますVideo.getStatus():Status

    • Status.OK:ビデオには、期待されるすべてのプロパティがあり、Video.Fields.ERRORSその中に含まれていません。

    • Status.ERROR:ビデオはVideo.Fields.ERRORS、その性質をの形で持っていますList<CatalogError> .

    VMAP プラグイン:

    • VMAP プラグインは廃止されました。VMAP および VAST ドキュメントを使用したクライアント側の広告については、IMA プラグインをご利用ください。

    バージョン 6.10.1

    2020年1月17日

    ExoPlayer の変更点:

    • HLS ライブストリームを再生しようとするとクラッシュする問題を修正しました。

    オフライン再生の変更:

    • 一部の VTT クローズドキャプションファイルが正常にダウンロードされない問題を修正しました。

    キャストプラグイン:

    • 不要な Android CastMediaUtil.toMediaInfoコンテキストパラメータなしで新しいメソッドを追加しました。

    • 不要な Android CastMediaUtil.toMediaInfoコンテキストパラメータを持つ非推奨のメソッド。

    バージョン 6.10.0

    2019年12月19日

    SDK の変更:

    • 変更を破る :Brightcove Android ネイティブ SDK は、AndroidX (JetPack) ライブラリを使用して構築されるようになりました。この変更の詳細およびアプリケーションコードの移行に必要な手順については、Android SDK のサポートページを参照してください。

    • の問題を修正しましたbackgroundOpacityのメソッドBrightcoveCaptionStyleこの方法では、キャプションの背景の不透明度が期待どおりに設定されていませんでした。

    • BrightcovePlayerFragmentでフルスクリーン機能が期待どおりに動作しない問題を修正しました。

    ExoPlayer の変更点:

    • Brightcove Android ネイティブ SDK の ExoPlayer サポートが 2.10.8 にアップグレードされました。

    • オーディオトラック選択で、言語を切り替えた後にビットレートの高いレンディションを選択できない問題を修正しました。

    IMA プラグインの変更:

    • プリロールクライアントサイド広告でライブコンテンツのサポートを追加します。

    SSAI プラグインの変更:

    • コンテンツの再生中に [キャプション] ボタンが一貫して表示されない問題を修正しました。この問題は、現在、モバイルデバイスでのみ修正されています。Android TV デバイスのソリューションは、今後のリリースで続きます。

    バージョン 6.9.0

    2019年10月22日

    SDK の変更:

    • Android SDKは、Android 10(targetSDKVersion 29)をターゲットとし、サポートするようになりました。

    • ランタイム例外を修正します。ポスター画像を表示しようとすると、「キャンバス:リサイクルされたビットマップを使用しようとしています」。

    • HttpRequestConfig クエリパラメータキーとして、次の便利な定数を追加しました。

      • HttpRequestConfig.KEY_DELIVERY_RULE_CONFIG_IDデリバリール設定IDを追加するために使用します
      • HttpRequestConfig.KEY_AD_CONFIG_ID SSAI 広告設定 ID を追加するために使用されます

    exoPlayer v1 の変更点:

    SSAI プラグインの変更:

    • サーバーサイド広告挿入 (ライブSSAI) を使用したライブおよびライブDVRストリームがサポートされるようになりました。

    • 変更を破る :両方のイベント、Event.PLAYHEAD_POSITIONEventType.PROGRESSおよびのプロパティにはEventType.AD_PROGRESS、絶対再生ヘッド位置。基礎となるプレーヤーによって与えられた同じ再生ヘッド位置です。
      使ってくださいEvent.PROGRESS_BAR_PLAYHEAD_POSITION代わりに、相対的な再生ヘッドの位置を取得します。

    • Event.PROGRESS_BAR_PLAYHEAD_POSITIONこのプロパティは、EventType.PROGRESSEventType.AD_PROGRESSおよびイベントの両方に導入されましたこれは相対的な再生ヘッド位置を含みます(Event.PLAYHEAD_POSITION旧バージョンでも同様です)。

    • Android TVの広告コントロールを追加しました。

    • 連続クリック後、巻き戻しボタンが正しく巻き戻されない問題を修正しました。

    バージョン 6.8.1

    2019年5月31日

    exoPlayer2 の変更点:

    • ExoPlayer2 は、バージョン 2.9.6 の HLS Multiple Audio Tracks の問題により、バージョン 2.9.3 にダウングレードされました。

    オフライン再生の変更:

    • プレイバック認証サービス (PAS) のサポートを追加します。

    • には、次のメソッドが追加されますcom.brightcove.player.edge.AbstractOfflineCatalog

      • findOfflineVideoById(String, @NonNull HttpRequestConfig): Video
      • findOfflineVideoById(String, @NonNull HttpRequestConfig, @NonNull OfflineCallback<Video>): void
      • requestPurchaseLicense(@NonNull Video, @NonNull EventListener, @NonNull HttpRequestConfig): void
      • requestRentalLicense(@NonNull Video, @NonNull Date, long, @NonNull EventListener, @NonNull HttpRequestConfig): void
    • 次のメソッドは、com.brightcove.player.edge.AbstractOfflineCatalog

      • renewLicense(@NonNull Video, @NonNull EventListener): void
    • ダウンロードしたビデオのポスター画像の読み込みに関する問題が修正されました。利用可能な場合、ローカルイメージがロードされます。

    FreeWheel プラグインの変更:

    • プリロールクライアントサイド広告でライブコンテンツのサポートを追加

    SSAI プラグインの変更:

    • コンテンツソースを VMAP srcの属性からではなく、再生 API contenturiレスポンスの属性から直接ロードできる問題が修正されています。

    バージョン 6.8.0

    2019年5月1日

    SDK の変更:

    • Android 版 Brightcove ネイティブ SDK でサポートされている Android の最小 SDK バージョンは 19 になりました。

    • Android 版 Brightcove ネイティブ SDK は Java 8 に準拠しています。このバージョンの Android SDK を使用して開発された Android アプリでは、バイトコードの互換性を確保するために build.gradle ファイルに次のディレクティブを追加する必要がある場合があります。

      compileOptions{
      targetCompatibility JavaVersion.VERSION_1_8
      sourceCompatibility JavaVersion.VERSION_1_8
      }

    exoPlayer2 の変更点:

    • ExoPlayer2 がバージョン 2.9.6 にアップグレードされました

    • このアップグレードには、以下の API 変更があることに注意してください。

    • 削除した変更を破る : constructor TrackSelectorHelper(@NonNull ExoPlayer player, @NonNull MappingTrackSelector trackSelector)

      使えば使constructor TrackSelectorHelper(@NonNull ExoPlayer player, @NonNull DefaultTrackSelector trackSelector)

    • 削除した変更を破る : setTrackSelector(@NonNull MappingTrackSelector trackSelector)

      使えば使setTrackSelector(@NonNull DefaultTrackSelector trackSelector)

    • 削除しましたgetTrackSelector(): MappingTrackSelector

      使えば使getTrackSelector(): DefaultTrackSelector

    FreeWheel プラグインの変更:

    • FreeWheel プラグインが更新され、FreeWheel AdManager バージョン 6.28.0 がサポートされました。

    • FreeWheel は現在、ADManager ライブラリを Android アーカイブ (AAR) としてパッケージ化することに注意してください。

    IMA プラグインの変更:

    • IMA プラグインが更新され、Google IMA SDK バージョン 3.11.2 をサポートしました。

    • Google IMA SDKのこのバージョンは、オープン測定標準をサポートしています。

    • 詳細については、Brightcove Android SDK のドキュメントを参照してください

    • 長時間のコンテンツ再生後に呼び出されたミッドロール広告が再生されない問題を修正しました。

    SSAI プラグインの変更:

    • SSAIプラグインで、Brightcove再生認証サービス (PAS) によるコンテンツ配信がサポートされるようになりました。

    • PASはSSAIプラグインでのみ動作することに注意してください。非推奨の OnceUX プラグインの PAS はサポートされていません。

    バージョン 6.7.0

    2019年4月5日

    SSAI プラグイン:

    • このリリースでは、Android 版 Brightcove ネイティブ SDK が SSAI プラグインを実装しています。この新しいプラグインの詳細については、Brightcoveサポートサイトの「Brightcove Android SDK の概要」を参照してください。

    OnceUX プラグインの変更:

    • このリリースでは、OnceUX プラグインは廃止されました。代わりに新しいSSAIプラグインを使用してください。詳細については、Brightcoveサポートサイトの「Brightcove Android SDK の概要」を参照してください。

    バージョン 6.6.0

    2019年3月29日

    SDK の変更:

    • 新しいクラス HttpRequestConfig が追加されました。このクラスは、Brightcoveのサービス(Brightcove Edge API、Brightcove再生認証サービス(PAS)など)で要求されるリクエスト URL パラメータおよび/またはリクエストヘッダーの追加をサポートします。このクラスの使用方法の詳細については、Brightcoveのサポートドキュメントを参照してください。

    • httpRequestConfig クラスとともに、com.brightcove.Player.edge.calog クラスには、次のメソッドが追加されます。findPlayListByID (文字列、httprequestConfig、プレイリストリスナー): findPlayListByID (文字列、httprequestConfig、PlayListListener): 無効な findPlayListByID (文字列、httprequestConfig、videoListener): findVideobyReferenceId (文字列, httpRequestConfig, VideoListener): void

    • com.brightcove.Player.edge.Catalog では、findPlayListByID (文字列、マップ文字列、文字列、プレイリストリスナー): findPlayListByID (文字列 >、< マップ文字列、文字列、マップ): 無効な findPlayListByID (文字列、< マップ文字列、文字列 >、マップ<文字列、文字列 >、プレイリストリスナー): ボイド findPlayListByReferenceId (文字列、< マップ文字列、文字列 >、プレイリストリスナー): ボイド findPlayListByReferenceId (文字列、< マップ文字列、文字列 >、マップ<文字列、文字列 >、PlayListListener): 無効

    • com.brightcove.player.edge.Catalog では、findVideoByID (文字列 VideoID、マップ文字列、< 文字列、VideoListener): 無効な findVideoByID (文字列 VideoID、< マップ文字列、文字列 >、マップ ><文字列、文字列 >、videoListener): 無効な findVideoByReferenceId (文字列、< マップ文字列、文字列 >、VideoListener): 無効な findVideoByReferenceId (文字列、< マップ文字列、文字列 >、マップ<文字列、文字列 >、VideoListener): ボイド

    Brightcoveプレイバック認証サービス (PAS) に対する Android 用Brightcoveのネイティブ SDK サポート

    • Brightcoveプレイバック認証サービス (PAS) の限定可用性リリースでは、Android 用 Brightcove ネイティブ SDK によって次の機能がサポートされています。

      • PASによるDRMコンテンツのオンライン・ストリーミング

      • PASによるHLSeコンテンツのオンライン・ストリーミング

    • Brightcove プレイバック認証サービス (PAS) の限定可用性リリースでは、以下の機能は Android 用 Brightcove Native SDK では現在サポートされておらず、今後のリリースで実装される予定です。

      • PAS付きOnceUXプラグインを使用したサーバー側の広告挿入

      • PASでオフライン再生

      • PAS付きChromecast

    • exoPlayer 1 に関する重要な注意事項:

      • ExoPlayer 1 は廃止予定であり、2019 第 3 四半期末までにサポートが終了します。この時点で、Android 版 Brightcove ネイティブ SDK ではご利用いただけなくなります。

    バージョン 6.5.1

    2019年2月12日

    OnceUX プラグインの変更:

    • IFrameResource 要素が VMAP ソースから誤って解析されていた問題を修正しました。

    バージョン 6.5.0

    2018年12月6日

    SDK の変更:

    • Brightcove Android SDK の不必要な依存関係を削除しました。

    • 次のメソッドの非同期バージョンが OfflineCatalog クラスに追加されました:GetVideoDownloadStatus findalQueedVideoDownloadVideoFindallVideoDownload findoFflineVideoDownload findoFflineVideoDownloadVideoDownloadVideoDownload findoFflineVideoDownloadVideoD

    • OfflineCatalog クラスの EstimateSize メソッドが予期しない値を返していた問題を修正しました。

    • Videoparser.buildVideoFromJSON () を使用して構築されたオフラインビデオが期待どおりに再生されない問題を修正しました。

    OnceUX プラグインの変更:

    • 重複したキャプションメニュー項目が表示される問題を修正しました。

    キャストプラグイン:リリースノートの更新:このリリースでは、キャストプラグインは変更されませんが、このプラグインの現在サポートされている機能では、これらの説明に注意することが重要です。

    • Android 9-テストでは、Android 9でChromecastを使用するには、特にアプリがバックグラウンドでフォアグラウンドに戻され、通知を使用してキャストセッションを制御するために、以下の許可が必要であることが示されています。この使用権限タグは、アプリケーションの AndroidManifest.xml に追加する必要があります:< 使用権限Android:名前= "android.permission.foreground_Service」/>

    • キャプション-テストの結果、マニフェスト内のキャプションは動的デリバリー DASH でのみ期待どおりに表示されることが示されています。

    • キャプション-HLS を使用したマニフェスト内キャプションは現在サポートされていません。

    • キャプション-ビデオ設定のサイドカーキャプションは現在サポートされていません。この説明は、Brightcove Android SDK v6.3.0 リリースのキャストプラグインリリースノートにも記載されています。

    バージョン6.4.0

    2018年10月17日

    SDK の変更:

    • Android 用 Brightcove ネイティブ SDK で Android 9.0(パイ)がサポートされるようになりました。Android Pie リリースでは、デフォルトで有効になっているネットワーク TLS、Apache HTTP クライアントの非推奨、Android ConnectivityManager 定数の廃止など、いくつかの重要な変更に注意する必要があります。アプリケーションに追加の変更が必要になる場合があります。詳細については、https://support.brightcove.com/android-pie-support-native-sdk-android をご覧ください。

    • DefaultSourceSelectionController および exoPlayerSourceSelectionController は、使用可能な場合、その選択で HTTPS ソースを優先します。そうでない場合、選択コントローラは、使用可能な最初のソースを選択します。

    古いリリース

    バージョン6.3.2

    2018年9月24日

    SDK の変更:

    • Android TVの [設定] ボタンが予期したとおりに動作しない問題を修正しました。

    • ビデオクラスの getRefReiceId () と getDescription () が期待どおりに動作しない問題を修正しました。

    • メソッド getLongDescription () を Video クラスに追加しました。

    • OfflineCatalog クラスで、null 引数を指定して SetDownloadPath を呼び出すと NullPointereXception が発生していた問題を修正しました。

    • OfflineCatalog クラスで、EstimateSize メソッドを呼び出すと予期せぬ大きな値が返されることがある問題を修正しました。

    • ピクチャーインピクチャが有効になっていないアクティビティで、致命的ではない illegalStateException がスローされる問題を修正しました。エラーは警告として記録されます。

    • BrightCoveClosedCaptioningSurfaceView クラスのサポートが廃止されました。

    OnceUX プラグインの変更:

    • VAST アイコン要素のサポートを追加しました。

    バージョン 6.3.1

    2018年8月09日

    SDK の変更:

    • BrightCoveVideView のレンダリング時に Android Studio がレイアウトエディタで例外をスローする問題を修正しました。

    exoPlayer v2 変更点:

    • LoadControlConfig クラスと allocatorConfig クラスを追加しました。これらのクラスで設定された値は、ExoPlayer インスタンスの作成時に使用される ExoPlayer DefaultLoadControl オブジェクトを作成するために使用されます。allocatorConfig は、loadControlConfig の作成時に設定できます。loadControlConfig は、ExoPlayerVideoDisplayerDisplayComponent インスタンスに設定できます。

    OnceUX プラグインの変更:

    • BrightCoveVideoView に表示されるデフォルトのポスター画像が、プリロールの再生開始後に消えない問題を修正しました。

    バージョン6.3.0

    2018年7月27日

    プラグインの変更をキャスト:キャストプラグインは、ExoPlayer キャスト拡張機能 v2.7.0 への依存関係で更新されました。一部の VideoCloud 機能は、サポートが限られているか、Google サンプルレシーバーアプリで Cast プラグインを使用する場合はまだサポートされていません。

    • Android 9-テストでは、Android 9でChromecastを使用するには、特にアプリがバックグラウンドでフォアグラウンドに戻され、通知を使用してキャストセッションを制御するために、以下の許可が必要であることが示されています。この使用権限タグは、アプリケーションの AndroidManifest.xml に追加する必要があります:< 使用権限Android:名前= "android.permission.foreground_Service」/>

    • キャプション-テストの結果、マニフェスト内のキャプションは動的デリバリー DASH でのみ期待どおりに表示されることが示されています。

    • キャプション-HLS を使用したマニフェスト内キャプションは現在サポートされていません。

    • キャプション-ビデオ設定のサイドカーキャプションは現在サポートされていません。

    • Google サンプル受信アプリで Cast プラグインを使用する場合、Widevine モジュラー DRM はサポートされません。

    • Google サンプルレシーバーアプリでキャストプラグインを使用する場合、複数のオーディオトラックはサポートされません。

    • Google サンプルレシーバーアプリで Cast プラグインを使用する場合、クライアント側およびサーバー側の広告はサポートされません。

    • Google サンプルレシーバーアプリでキャストプラグインを使用する場合、ライブ録画ストリームとライブ録画ストリームはサポートされません。

    FreeWheel プラグインの変更:

    • FreeWheel プラグインが更新され、FreeWheel AdManager v6.23.0 をサポートしました。これは大きな変更であり、Android 版 Brightcove ネイティブ SDK のこのバージョンは FreeWheel AdManager の以前のバージョンでは動作しないことに注意してください。このバージョンでの変更点の詳細については、FreeWheel AdManager v6.23.0 のリリースノートを参照してください。

    IMA プラグインの変更:

    • IMA プラグインは、Android 用 Google IMA SDK の v3.9.0 をサポートするようになりました。

    バージョン6.2.3

    2018年7月16日

    SDK の変更:

    • オフライン再生:FileDownloader ライブラリのバージョンを 1.7.4 にアップグレードしました。

    • オフライン再生:アプリのバックグラウンドとネットワークステータスの変更により、illegalargumentException がスローされる問題を修正しました。

    バージョン6.2.2

    2018年7月9日

    exoPlayer v2 変更点:

    • Video オブジェクトの HEADERS フィールドの値が正しく追加されなかった問題を修正しました。

    OnceUX プラグインの変更:

    • 動画中に広告なしで検索すると、広告イベントが発生することがある問題を修正しました。

    バージョン 6.2.1

    2018年6月5日

    exoPlayer v2 変更点:

    • Brightcove ExoPlayer は v2.7.0 に戻され、ライブストリームでの後方シーク動作のリグレッションと、ライブウィンドウ範囲の値の計算方法における予期しない変更を回避しました。

    • ダッシュマニフェストの StartNumber パラメーターが 0 以外の場合、BrightCoveSegmentTemplate.GetSegmentCount の計算に関する問題を修正しました。

    • exoPlayerVideoDisplayComponent.reportPlayerState の潜在的な nullPointerException の検証を追加しました

    バージョン6.2.0

    2018年5月18日

    SDK の変更:

    • Brightcove プレイバック API レスポンス形式に従って、JSON オブジェクトから動画とプレイリストを構築するメソッドを持つ VideoParser クラスを追加しました。

    • CustomerRightStokenConfig オブジェクトを使用して出力保護を設定するために、OfflineCatalog クラスの requestPurchaseLicense () メソッドと requestRentAllicense () メソッドをオーバーロードしました。

    • オフライン再生用に FileDownloader ライブラリを 1.7.3 に更新しました。

    • ダウンロード中に複数の動画を削除する際のオフライン再生の競合状態を修正しました。

    exoPlayer v2 変更点:

    • Brightcove exoPlayer が 2.7.3 に更新されました。

    • BrightCovedrmsession インターフェイスでは、次のメソッドが廃止されました。

      • DRMException getDrmError ()

      • <マップ文字列、文字列 > queryKeyStatus ()

      • byte [] getOfflineLicenseKeysetID ()

    OnceUX プラグインの変更:

    • SSAI VMAP からのすべての広告クリエイティブ ID の解析と読み取りのサポートが追加されました。

    • 広告タグの id 属性の要件を削除しました。

    バージョン6.1.2

    2018年4月24日

    SDK の変更:

    • アプリを強制終了して再起動した後、低速ネットワーク (256kbps まで) でダウンロードが再開されない問題を修正しました。

    OnceUX プラグインの変更:

    • 複数の広告ポッドをシークした後にすべての広告が再生される問題を修正しました。

    バージョン6.1.1

    2018年4月6日

    SDK の変更:

    • アプリのサイズが予期せず増加していたオフライン分析の依存関係を修正しました。

    • オフライン再生で、一部のダウンロードが 99% でハングしていた問題を修正しました。

    バージョン6.1.0

    2018年3月29日

    SDK の変更:

    • Android Oreoでのピクチャーインピクチャーのサポートを追加しました。

    • バックグラウンドスレッドですべての Download Manager コールバックを行うことで、ビデオをダウンロードする際のオフライン再生の UI パフォーマンスの問題を修正しました。

    • オフライン再生のダウンロード速度の向上

    • クリアダウンロードの video_download_request イベントと video_download_cercercelion イベントで download_id パラメーターが見つからないオフライン再生の問題を修正しました。

    • WebVTT キャプションで、パーセンテージ (%) 文字なしで「line:」属性を使用すると、キャプションが表示されなくなる問題を修正しました。

    • AbstractOfflineCatalog.reeneLicense メソッドは非推奨であり、現在は機能しません。オフラインライセンスを更新するには、AbstractOfflineCatalog.RequestRentallicense (ビデオ、日付、ロング、イベントリスナー) または abstractOfflineCatalog.RequestPurchaseLicense (ビデオ、イベントリスナー) のいずれかを使用してください

    exoPlayer2 の変更点:

    • ExoPlayer2 は、現在の動画エンゲージメントイベントを通じてダウンロードされた累積バイト数を報告し、それを media_bytes_refended としてアナリティクスサーバーに送信するようになりました。

    • 新しいビデオ用にプレーヤーを準備する前に、または exoPlayerVideoDisplayComponent.SetPeakBitRate (int peakBitRate) が呼び出されるたびに、ピークビットレートを設定する便利なメソッドを追加しました。

    バージョン 6.0.2

    2018年1月30日

    SDK の変更:

    • オフライン再生分析のサポートが追加されました。

    • 廃止予定の Widevine クラシックプラグインは削除されました。

    IMA プラグインの変更:

    • viewable_Impression ビーコンが期待どおりに起動されなかった問題を修正しました。

    OnceUX プラグインの変更:

    • 広告マーカーが予想される場所に表示されない問題を修正しました。

    • 過去の広告を検索し、目的のシーク位置から再生を再開することに関する問題を修正しました。

    • 方向の変更時にプレーヤーコントロールが SSAI 広告に表示される問題を修正しました。

    バージョン 6.0.1

    2017年12月18日

    SDK の変更:

    • 廃止されたレガシーメディア API クラス (com.brightcove.player.media パッケージ内のクラス) は、Android 版 Brightcove ネイティブ SDK から削除されました。

    • 次のクラスが com.brightcove.player.media から com.brightcove.player.model に移動されました。これは大きな変更であることに注意してください:

      • deriveryType

      • CaptionType

      • errorFields

      • VideoFields

    exoPlayer v2 変更点:

    • ExoPlayer 2(v2.5.3)を使用する Android 版 Brightcove ネイティブ SDK は一般公開されています。

    • ExoPlayer 2 使用時のオムニツールプラグインのサポートを追加しました。

    • いくつかのバグ修正。

    exoPlayer v1 の変更点:

    • ExoPlayer 1 を使用する Android 用 Brightcove ネイティブ SDK は廃止されました。移行プロセスの詳細については、https://support.brightcove.com/migrating-exoplayer-2-framework

    完全なリリースノート

    リリースノートの完全なリストについては、 Brightcove ネイティブ SDK for Android リリースノートを参照してください


    ページの最終更新日21 May 2021