サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    ネイティブSDKを使用した分析

    このトピックでは、Brightcove NativeSDKでサポートされている分析ソリューションについて学習します。

    はじめに

    解析データを使って、動画が成功しているかを追跡し、視聴者の習慣をより理解できます。Brightcove Native Player SDK for iOSおよびAndroidでは、動画ソリューションに解析コレクションを簡単に統合できます。

    解析ソリューションは以下のものがあります。

    Video Cloud Analytics

    カタログサービスを利用するVideo Cloudのお客様は、弊社のBrightcove Analyticsシステムによって自動的に解析データが収集されます。その後、このデータは集められ、Video Cloud Analyticsモジュールに表示されます。以下の表は、現在SDKに収集されるデータポイントを示しています。

    追跡されるイベント iOS SDK Android SDK
    動画インプレッション yes yes
    動画表示回数 yes yes
    動画エンゲージメント yes yes
    動画の完了 yes yes

    これらのイベントに加えて、Brightcove Analyticsによって表示のために送信、収集できる、ご自身のカスタムデータを指定できます。データはアプリで設定可能です。

    Brightcoveアナリティクスは、Brightcove Video Cloud をご利用のお客様のみご利用いただけます。

    アドビアナリティクス(オムニツア)

    Adobe Analyticsは、コンテンツの背後にあるデータを詳細に調べて、アナリティクスビジネスにおける強力な名前です。この専門知識を活用して、Brightcoveのネイティブプレーヤー SDK チームは、iOS と Android プラットフォームの両方で Adobe Analytics との統合を提供することに興奮しています。

    アドビアナリティクス機能 iOS SDK Android SDK
    ハートビート yes yes
    マイルストーン yes yes

    オムニツアプラグインは、Brightcove動画クラウドとBrightcoveプレーヤーのお客様の両方で利用できます。さらに、OmnitureプラグインはBrightcove Video Cloudユーザー用のBrightcove内蔵解析機能と組み合わせて使用できます。

    iOS

    アプリに Omniture プラグインを追加する方法の詳細については、以下を参照してください。

    Android

    アプリに Omniture プラグインを追加する方法の詳細については、以下の手順に従ってください。

    1. 基本オムニツアサンプルアプリから始めましょう
    2. app/res/layout/omniture_activity_main.xml ファイルで、次の内容を置き換えます

      <com.brightcove.player.view.BrightcoveVideoView

      これで

      <com.brightcove.player.view.BrightcoveExoPlayerVideoView
    3. build.gradle で、オムニチュールコードブロックを見つけ、次のように置き換えます。

      if (project.name.contains('Omniture')) {
        dependencies {
          implementation "com.brightcove.player:android-omniture-plugin:${anpVersion}"
          implementation files(libraryDirectory + "adobeMobileLibrary.jar")
          implementation "com.brightcove.player:exoplayer2:${anpVersion}"
        }
      }
    4. MainActivity.java ファイルで、onCreate()関数を見つけます。BrightcoveVideoViewが作成された場所は、次のように置き換えます。

      brightcoveVideoView = (BrightcoveExoPlayerVideoView) findViewById(R.id.brightcove_video_view);
    5. ExoPlayer フレームワークでサンプルアプリを実行する準備ができました。

    ページの最終更新日21 May 2021