サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    iOS:ソースの選択

    このトピックでは、iOS用のBrightcove Native Player SDKが、ビデオの再生時にデフォルトのソース(レンディション)選択プロセスをどのように使用するかを学習します。

    デフォルトの選択プロセス

    Brightcoveカタログからビデオを取得するか、 BCOVVideo複数のオブジェクトBCOVSource要素、プレイヤーはどちらを決定する必要がありますBCOVSource(レンディション)再生します。

    アップルはiOS 9でApp Transport Securityを導入し、すべてのWebトラフィックにHTTPの代わりにHTTPSを使用することを強く推奨しています。したがって、Brightcoveのデフォルトのソース選択ポリシーは、 [BCovBasicSourceSelectionPolicy SourceSelectionPolicy SourceSelectionPolicy sourceSelectionHpselectionHttps] です。

    Brightcoveは、次のようにデフォルトの実装を提供します。

    1. HTTPS スキームを使用して、deliveryType HLS を持つ最初のソースを検索します。
    2. そのようなソースが見つからない場合は、HTTP スキームを持つ最初の HLS が返されます。
    3. いいえの場合HLSソースが存在する場合、最初のソースにフォールバックします。deliveryTypeMP4
    4. 上記のいずれも見つからない場合は、任意の種類の最初の再生可能なソースが返されます。
    5. ソース URL は、AVPlayer再生用にに提供されます。
    6. 再生が開始されると、AVPlayerは処理するビットレートと解像度を選択します。
    7. AVPlayerは、インデックスの最初の項目から始まり、それに応じて調整されます。

    デフォルトのトランスコード設定を使用する場合、最初の HLS ソースは、個々のレンディションすべてを指すマスター m3u8 プレイリストである必要があります。

    代替ソース選択ポリシー

    これがうまくいかない場合は、デフォルトのソース選択ポリシーを簡単に上書きできます。詳細については、ソースの選択のセクションiOS用BrightcoveプレーヤーSDK参照ドキュメント。

    ソースをオーバーライドする

    BCOVSourceに提供されるものをオーバーライドする場合はAVPlayersourceSelectionPolicybcovBasicSessionProviderOptionsクラスのブロックプロパティです。


    ページの最終更新日21 May 2021