サポート問い合わせ先| システムステータス
ページコンテンツ

    Brightcove Native Player Controls

    このトピックでは、Brightcove NativeSDKを使用してプレーヤーコントロールを使用およびカスタマイズする方法を学習します。

    はじめに

    BrightcoveWebプレーヤーの外観をiOSおよびAndroidのプラットフォーム標準と融合したBrightcove Native Playerコントロールは、すぐに使える堅牢な機能に加えて、スタイリッシュな外観も提供します。

    Brightcove Native Playerコントロールは、以下の機能を備えています。

    ダイナミック UI

    状況に関係なく、コンテンツが美しいユーザーインターフェイスに表示されるように、Brightcove Native Playerコントロールは高い適応能力を備えています。

    適応画面サイズ

    UI要素がはっきり見えて使える大きさであることは、どのモバイルアプリケーションにも重要です。Brightcove ネイティブプレーヤーコントロールには、ユーザインターフェイスで使用できる容量を決定するロジックが含まれています。幅が特定のしきい値を下回る場合、コントロールは自動的に切り替わり、2 行構成が使用されます。

    Player controls
    プレーヤコントロール
    Compact player controls
    コンパクトなプレーヤーコントロール

    Android

    Android 用ネイティブ SDK は、デバイスの画面サイズをチェックして、プレーヤーコントロールのレイアウトを設定します。

    • 480dp幅が大きい場合、単線レイアウトが使用されます。
    • 幅より小さい場合は480dp、2 行のコンパクトなレイアウトが使用されます。

    密度に依存しないピクセル (dp) の詳細については、Android の「さまざまなピクセル密度のサポート」を参照してください。

    iOS

    iOS 版ネイティブ SDK は、デバイスの画面サイズをチェックして、プレーヤーコントロールのレイアウトを設定します。

    • 450px幅が大きい場合、単線レイアウトが使用されます。
    • 幅より小さい場合は450px、2 行のコンパクトなレイアウトが使用されます。

    再生モード

    プレーヤーはそのライフサイクルを通じて、特別なユーザーインターフェイスレイアウトを必要とする、さまざまなタイプのコンテンツを再生する可能性があります。Brightcove Native PlayerコントロールはコンテンツタイプがVoD、ライブ、ライブDVRのいずれであるかを自動的に判断するロジックを搭載し、コンテンツタイプに応じてユーザーインターフェイスを適応させます。1つのプレイリストの中でも、コンテンツタイプが変われば対応します。

    オンデマンド動画(VoD)

    ほとんどの再生体験で使用されるVoDインターフェイスは、すべてのプレーヤーUIデザインの基本となります。

    下の画像をスクロールして、Brightcoveプレーヤーのコントロールをご覧ください。ビューアの幅が狭い場合、コントロールは2行のコンパクトなレイアウトに変わります。

     

    • Android controls
    • Android compact controls
    • Closed captions button
    • iOS controls
    • iOS compact controls

    Brightcoveプレーヤーコントロールの重要な機能には、以下があります。

    • 再生/一時停止ボタン
      • コンテンツを再生および一時停止します
    • ジャンプバックボタン
      • 押すと、コンテンツが10秒前に戻ります
    • 拡張シークバー
      • ピンクで再生されたコンテンツを表示します
      • 明るい灰色でバッファされたコンテンツを表示します。
      • 広告やその他の目的でのマーカーの使用をサポート (Android)
    • クローズドキャプションボタン
      • キャプションが検出された場合にのみ表示されます。このボタンを選択すると、クローズドキャプション設定メニューが表示されます。
    • フルスクリーンボタン
      • フルスクリーン表示に切り替えたり、インライン再生に戻すことができます
    • Airplayボタン(iOSのみ)
      • Airplayデバイスが検出された場合にのみ表示されます。この機能では、Airplayストリーミングのセットアップができます。

    ライブ

    ライブUIでは、ユーザーが利用できない要素は非表示になります。ジャンプバックボタンやシークバーが非表示になります。ただし、新しい「LIVE」ラベルが追加されます。このラベルは、緑色で表示されているコンテンツはライブであることを示します。

    iOS live video
    iOSライブビデオ

    ライブDVR

    ライブDVR形式では、VoDレイアウトと同じ機能に加えて、LIVEラベルも備わっています。コンテンツがライブになると、このラベルは緑色に変わり、以前のコンテンツを視聴していると灰色になります。さらに、LIVEラベルはボタンとしても機能し、いつでも押せます。押すと直近のライブ部分まで戻ります。

    iOS DVR live video
    iOSのDVRライブビデオ

    カスタマイズ

    アプリのカラーテーマに合わせて色やスキンを変更したいですか?問題じゃない!Brightcove Native Playerコントロールは、簡単にカスタマイズできます。コントロールをカスタマイズする方法をいくつか示します。

    • 色を入れ替え、独自のカスタムボタンを使用して、パーソナライズされたテーマを作成します。Android用のネイティブ SDK を使用すると、さまざまな共通ボタンを簡単に含める/除外することができます。ここでは、コントロールボタンがオレンジ色に変更され、シークバーにはカスタムイメージがあります。
      Android custom controls
      Androidカスタムコントロール
    • iOS 用 Native SDK では、一般的なボタンとレイアウトのセットから選択することもできますが、独自のカスタムレイアウトを作成することもできます。ここでは、カスタムレイアウトの例を示します。
      iOS custom controls
      iOSカスタムコントロール
    • または、ボタンを削除して、シンプルでクリーンなレイアウトを作成することもできます。
      iOS simple controls
      iOSのシンプルなコントロール

    アクセシビリティ

    アクセシビリティ機能はUIの標準部分として、追加セットアップなしですぐに利用できます。

    耳の不自由な方向け

    Brightcove Native Playerコントロールの各レイアウトには、クローズドキャプションボタンが備わっています。キャプションが利用できる場合、キャプション表示体験を簡単にカスタマイズできます。SDK を使用したクローズドキャプションの詳細については、「ビデオフォーマットとキャプション」セクションを参照してください。

    視覚障害者

    iOS

    準備中です!

    Android

    準備中です!



    ページの最終更新日21 May 2021